厳選記事一覧
【面倒な電話はなし】自分のペースで探すならジョブメドレー【口コミまとめ】

看護師は転職という選択が簡単に取れる職業です。キャリアや家族のことを考えると転職しやすいというのは非常に大きなメリットですよね。

今回はよくある転職エージェント型ではない、サーチ型の転職サイトを紹介します。

転職エージェントと聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?

「しっかり相談に乗ってくれる、条件交渉してくれるので安心感がある」という良い面もあれば、

「希望しない求人を紹介される、電話がしつこい」という嫌な面もあります。

その点、今回紹介するサイトは、【サーチ型の転職サイト】。つまりしつこい電話がなく、自分のペースでゆっくり求人を探すことができるのです。

この形態をとっている転職サイトは非常に少ないです。

今回はその中でも、最も信頼できるサイトを紹介します。【ジョブメドレー】は医療介護求人数No1の転職サイト。今回は【ジョブメドレー】の口コミを確認しつつ、メリット・デメリットについて解説していきます。

自分だけじゃ不安!転職エージェントにしっかりサポートしてほしい!という方は「看護師転職におすすめのサイト4つを比較【複数登録でOK】」を読んでエージェント型の転職サイトを使用しましょう!

✔️記事の信頼性

・地方公立大学出身

・看護師、保健師、第1種衛生管理者

・現役の4年目看護師、病棟主任、プリセプター経験、教育委員会所属、実習指導経験

・精神科スーパー救急病棟勤務

ジョブメドレーの基礎情報

看護求人 JobMedley

【ジョブメドレー】は株式会社メドレーが運営する転職サイトです。代表取締役の豊田氏は脳外科医の経験を持ち、スタッフにも多くの療従事者が在籍していることが特徴です。

公式サイト➡ジョブメドレー 看護
運営会社株式会社メドレー
対象地域全国対応
公開求人28868
非公開求人なし
特徴☆医療介護求人数No1
☆サービス形態がサーチ型
☆スカウト機能
☆利用者満足度94%

ジョブメドレーは完全無料の転職サポートサイト。全国対応しており、求人数No1です。

独自の機能があり、利用者満足度94%という数字は信頼と実績の表れですね。

現在テレビCMも放送中でノリに乗っていますね。

実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。メリットとデメリットをふまえつつ解説していきます。

ジョブメドレーの悪い口コミ、デメリット

いいことばかり言っても仕方がないので、まずは悪い口コミとデメリットから紹介していきます!

それでは、行ってみましょう!

対面での豊富なサポートはない

他の転職サービスを利用していましたが、ジョブメドレーにして正解でした。迅速な対応をしていただいたので良かったです。特に担当の方がいち早く様々な職場について案内してくれた方がありがたかったです。ただ、職場を面接後のアフターケアサポートがいまいちだったと思います。(60代、女性、看護師、千葉県)

出典:ジョブメドレ

ジョブメドレーのやり取りは、電話、メール、LINEのみになるので対面でのサポートがありません。よくあるエージェント型の転職サイトは、あっちから求人を持ってきてくれます。よって、

エージェント型の転職サービスに比べると、自分のペースで進めていく必要があります。

希望条件の交渉も自分でする必要があるので、少し上級者向けですね。ただし、そんな不安な方のために、サイト内には転職活動に関するコラムが沢山あります。これが非常に参考になるんですよね。KAIもつい読んでしまいます。

非公開求人がない

看護の転職サービスでは、よく非公開求人があります。

非公開求人とは「公開求人」には記載されていない、サイト独自の求人のことです。

好条件のためすぐに希望者が募ってしまうので、非公開としています。つまりこの非公開求人が多いほど、病院からの信頼が厚く、実力があるといえるでしょう。

ジョブメドレーでは非公開求人がありません。その点をどう考えるか、ですね。

デメリットはありますが、それを補うメリットが沢山あります。紹介していきますね。

ジョブメドレーの良い口コミ、メリット

LINE、メールでやり取りができる

友人からの紹介でジョブメドレーを利用しました。5月という季節と、新型コロナウイルス肺炎が流行して全国緊急事態宣言という時期もあって、求人の更新が少なかったように思います。しかし、最初に応募して面接した施設から採用されて、大変うれしいです。担当者さんがラインで質問をすると、早く答えてくださってありがとうございました。(50代、女性、看護師、大阪府)

出典:ジョブメドレ

担当者に対して、LINEで何でも質問することができ、返信もはやくスムーズにやり取りができるようです。

電話だと結構時間がとられたり、スケジュール調整の必要があるんですよね。

その点、LINEなら自分の手が空いているときにすぐ連絡できるので、とても便利ですね。

電話がないので自分のペースで探せる

「自分の経歴でスカウトしてもらい、自分である程度選べるのはいいと思いました。交渉などが、自分で行うのでその点が少し不安要素に繋がるのかとも感じました。その反面、他の紹介会社とは違い電話が何度も鳴るとか、そういったことがないのでストレスフリーな感じかあるのもたしかです。」(50代、女性、看護師、神奈川)

出典:ジョブメドレー

再就職探すため、ネット検索したところ、一番検索数が多く、参考になった。機能やサポートには大変満足。応募後にすぐ面接ではなく、メールで条件を確認することができたため、再就職先の選定ができて良かった。(30代、女性、看護師、山口県)

出典:ジョブメドレー

以前、在職中に利用した紹介会社は勤務時間中にも何度も電話連絡がありお断りしましたがジョブメドレーさんはそういったこともなく、自分ペースで転職活動ができて私には合っていると感じました。 この度は、ありがとうございました。(30代、女性、看護師、大阪府)

出典:ジョブメドレー

看護師転職サイトの悪い口コミで最も多いのが、「電話が頻繁に来て面倒」です。

指定した時間以外に電話をかけてきたり、希望していない求人を電話してくることがあります。

その点、ジョブメドレーは電話がほぼないので、自分のペースで求人を探すことができます。ゆっくり探したいという人にはピッタリですよね。

独自の機能【スカウト】が面白い

ジョブメドレーに登録することで先方よりスカウトを受けました。今まで検討していなかった職場で自分では探せなかったと思います。 先方とのやり取りもジョブメドレーのメッセージで取りやすく内容も確認しやすかったです。 本日面接でしたが、病院の雰囲気も良さそうでしたので嬉しく思います。 新型コロナウィルスの流行のため、ハローワークへ行くのは控えたいと思っていましたので、このようなサイトがあるととても助かります。 ありがとうございます。(40代、女性、看護師、山口県)

出典:ジョブメドレー

「スカウト」はジョブメドレー独自の機能です。

会員登録を済ませ、プロフィールに現在の職種や転職希望地域を記入して初めて利用できる機能です。ジョブメドレー側が入力された情報をもとに、利用者に求人を推薦してくれます。つまり、企業側が本当に欲しいと感じている人に対して求人を求める機能なのです。

これがなかなか良くて、スカウト経由だと、なんと内定率が1.7倍。

企業も採用される側もwin-winなので内定率が高いのでしょう。

自分では思っていもいなかった好条件の求人が来る可能性があります。

登録から就職までの流れ

  • ステップ1 会員登録(1分で終了)
  • ステップ2 求人検索
  • ステップ3 応募
  • ステップ4 面接日程のやり取り
  • ステップ5 入職

ジョブメドレーはこんな人におすすめ

ジョブメドレーはこんな人におすすめです。

・転職についてはまだ悩んでいる

・電話で連絡を取り合うのは面倒くさい

・自分のペースで求人をゆっくり探したい

・面接サポートとか特にいらない

転職サイトは複数登録が必須

ジョブメドレーは本当にまだ転職を悩んでいるという人にお勧めです。

く転職したいが忙しくて自分で探す時間がない!という方には、エージェント型の転職サービスの利用がおすすめです。

また、転職サイトごとに求人情報も変わります。失敗したくない方は絶対に複数登録をしておくべきです。

複数のサイトに登録することは決して悪いことではありません。転職サイト側も複数登録については容認してますから、ガンガン使い倒しましょう。

退会の方法について

退会の方法は簡単です。

ログイン画面➡設定➡退会申請を押すだけです。

また、退会まではいかないけど時間をおいてまた相談したい!という場合はメールの受診をOFFにすることもできます。

登録はしたままメールとLINEをOFFにできるので、気軽に転職活動を再開することができますね。

まとめ

転職は人生において重要な決断です。だからこそ、真剣に妥協せずに探す必要があります。しかしその分かなりのエネルギーを使う行動です。

転職サイトを使用することで、自分だけでは探せない理想の求人が見つかる可能性がぐっと上がります。

利用料は無料。

あなたが【ジョブメドレー】をうまく使いこなして、理想の職場を見つけ、人生を切り開きましょう。

看護求人 JobMedley

自分だけじゃ不安!転職エージェントにしっかりサポートしてほしい!という方は「看護師転職におすすめのサイト4つを比較【複数登録でOK】」を読んでエージェント型の転職サイトを使用しましょう!

Twitterやってます…

おすすめの記事